自分を振り返りたいときに聞く、斎藤一人さんの覚悟の話

こんにちは。

濱脇宏太です。

 

皆さんは、斎藤一人さんという方をご存知でしょうか。

納税日本一の経営者の方で、まるかんという会社の創業者です。

 

その方の「覚悟の話」という講話があります。

ある経営者の方に、これは絶対聞いた方がいいよと教えていただいてから、何度も聞き返しています。

 

斎藤一人さんのメッセージ性が非常に強いですが、思いが確信とともに伝わってきます。

 

たとえば、「笑顔がいいよ、天国言葉がいいよって教えてもらってるんだからやるんだよ」と、語気を強めておっしゃるところがあります。

 

わたしの仕事仲間でも、同じようにこうしたらいいよとアドバイスしたときに、実践し続ける人、実践して途中でやめてしまう人、実践しない人にわかれます。だれが1番上手くいくかというと、皆さんの想像するとおり、やはり実践し続けた人です。

 

結果はすぐに出るとは限りません。”遅れの法則”というものがあって、地道な努力を積み重ねるうちにあとから結果は出てきます。

 

わたしはコンサルティングやマネジメントなど、様々な事業をするなかで、やるべきことを継続してできているか。何度も覚悟の話を聞きながら振り返っています。

 

   f:id:globalmanagement:20180707145201j:plain