人は視覚情報に影響を受けやすい!メラビアンの法則を意識する大切さ

こんにちは。

濱脇宏太です。


街中ですれ違う方を見て、竹内一郎著の『人は見た目が5割』だと改めて実感しました。


わたしたちは、視覚の情報から最も強く影響を受けます。


このことは、1971年、アメリカの心理学者アルバート・メラビアンの、矛盾したメッセージが発せられた時の受け止め方について、人の行動が他人にどう影響を及ぼすかを判断する実験から、メラビアンの法則として提唱されるようになりました。


このメラビアンの法則は、7・38・55の法則とも呼ばれます。これは、影響を受ける割合で、7%の言語情報、38%の聴覚情報、55%の視覚情報を指します。


このことから、中身はもちろん、外見が大切であると気づきます。スーツを着こなすことも、ビジネスにおいて非常に重要です。


わたしの場合、着る服はプロに選んでもらっています。目の前の人に自分をどんな人だと印象付けたいかで服を選ぶことが大切です。


また、人の身なりだけでなく、物の広告や見た目も重要です。わたしは新梅田シティに店舗を持ちますが、そこに置く商品の見た目にも拘っています。


弊社グローバルマネジメントがより多くの人に選ばれるよう、中身はもちろんですが、第一印象で良いイメージをもたれる努力をして参ります。


               f:id:globalmanagement:20180802111532j:plain